日常生活に役立つ情報をご紹介

資格「宅建士」を独学で勉強!おすすめの教材はコレだ!

2020.04.22

廃墟

宅地建物取引士(宅建士)の資格を取得するために使用したおすすめ教材をご紹介します!

 

資格取得の動機

不動産賃貸業を勉強するにあたり、先輩から宅建士の資格取得をおすすめされました。

これを取得しておけば、不動産業界についての知識も深まるし、不動産売買についての知識を深められるとのこと。

宅建士は合格率が10パーセント強の難関資格です。

不動産業界や金融業界で働く場合は、この資格を職場で強制的に取らされる方も多いようで、そのような方々が駆け込みで受験するため、低い合格率になっているようです。

ですから、前もってしっかり準備すればだれでも合格できますよ!

 

おすすめテキスト

宅建士の教材というと、難解な法律用語が多いイメージが強いです。

しかし、このテキストではイラストがふんだんに取り入れられていて、固い表現が苦手な人でもスムーズに読めます。

 

おすすめ問題集

問題集を開くと、左が問題のページ、右が回答のページになっています。

回答も分かりやすく、問題に解答するための必要知識だけではなく、合格を確実にするための周辺知識まで広げられるように工夫されています。

 

独学で勉強するのが不安な場合

私は以上の教材を使って独学で勉強しましたが、内容が分からないときがたくさんありました。

繰り返し問題を解いていくうちに不明な点もなんとなく理解できてくるのですが、分からないことが重なると不安になりました。

独学でも十分合格は可能ですが、やはり不安なときは疑問点を直接誰かに尋ねて解決するのが一番です。

予備校や通信講座を利用すると勉強のスピードも上がり、合格率も高くなるのは間違いありません。

関連記事

プロフィール

夢は、成しとげる


氏名 : ヌコ&ララ
年齢:三十路