日常生活に役立つ情報をご紹介

当ブログおすすめ!初心者向け不動産投資(賃貸業)の始め方!

2020.03.18

不動産

不動産賃貸業の始め方を説明します。

 

 

不動産物件を検索しましょう。

楽待

建美家

 

不動産物件の3つの力

収益力

不動産物件が満室だった場合に想定される収入と支出を求めましょう。

当然ですが、なるべく収益力の高い物件がおすすめです。

物件をローンで購入するときは、物件価格の約1割の自己資金が必要です。

例えば、2000万円の物件をローンで購入するなら、200万円の自己資金を加えて、合計約2200万円となります。

自分が用意できる自己資金をもとに購入する物件をしぼっていきましょう。

稼働力(一番重要)

満室にしやすい物件かどうかを調べます。

近隣の不動産屋さんに物件に空きが出た場合に入居者がすぐ見つかるかどうか問い合わせましょう。

問合せを受けた不動産屋にとっては、自分たちが管理するチャンスなので、ていねいに答えてくれることが多いです。

また、壊れにくい物件かどうか確認しましょう。

たとえば、グーグルのストリートビューで物件を見てみましょう。

ベランダの下部に亀裂は入っていませんか?

外階段などの手すりにサビはありませんか?

外壁の塗装は剥げていませんか?

物件の管理状況が悪ければ、値段交渉も有利に運べます。

担保力(あまり重要ではない)

路線価をもとに計算した物件の価格です。

銀行は万が一ローンを返済してくれないときは物件を差し押さえ、競売にかけて資金を回収します。

銀行は物件の価値を見積もるときに、路線価格を使います。

楽街では、かんたんに計算して求めることができます。

しかし、実際の売買価格より路線価格が小さくても、物件の収益力が高ければあまり問題ありません。

担保力は「高ければ良いけれど、あまり重要ではない」くらいに思っておきましょう。

 

物件をチェック!

不動産屋に問い合わせ

賃貸中の場合は、どんな人が入居しているのか聞きましょう。

自分の職業や収入をカンタンに教えて、銀行から融資してもらえるか聞くと良いです。

 

一括借り上げ(サブリース)

サブリースは管理会社が物件をまるまる管理して大家に家賃を支払うシステムです。

空室があっても決まった家賃が支払われるので、収入が安定するメリットがあります。

しかし、空室を埋める努力をしないので大家力がいつまでも身に付きません。

なので、サブリースは利用しないのをおすすめします。

 

関連記事

プロフィール

夢は、成しとげる


氏名 : ヌコ&ララ
年齢:三十路