落ちこぼれサラリーマンに役立つ情報をご紹介

金利と株価の関係

2018.02.24

金利(長期金利)と株価の関係を解説します。

 

金利と株価の関係(結論)

長期金利が下がると、株価があがります。

逆に、長期金利が上がると、株価は下がります。

 

金利と株価の関係を解説

長期金利が下落すると、定期預金にお金を預けておくよりも、株式に投資したほうが有利だと考えるようになります。

このため、長期金利が下落すると、株価は上昇します。

「金利が下落した」というニュースを得たときは、いち早く「株価の買いどきになる」という認識を持つようにしてください。

 

逆に、長期金利が上昇すると、どうなるのでしょうか?

投資家の多くがリスクの大きい株式投資を行うより、安定した定期預金を行ったほうが安全で、しっかり利益が得られると考えます。

このため、長期金利が上昇すると、株価が下落するのです。

関連記事

プロフィール

夢は、成しとげる

氏名 : ヌコ&ララ
年齢:三十路