子育てを通して成長したこと!これからパパママになるあなたへ

スポンサーリンク

子育ては並大抵なことではありません、大変さや苦労もあるでしょう。

しかしその反面子育てを通じ成長したこともあるはずです。

今回の記事では私が子育てを通じて成長したことを紹介していきます。

スポンサーリンク

成長を感じた5つのこと

子育て

1.できなかったことが、できるようになる

初めて子供を産んでから、子育ては誰もがほぼ初心者です。

そのため子育てを開始すると、できないことが多いと戸惑うかもしれません。

分からないことが出てきた場合はネットや本を見て挑戦するでしょう。

 

そんな風に手をやきつつ作業をしながらもある日何も見ないで自力で出来るようになると成長したと痛感することができます。

皆さんも気づかないだけで、できなかったことができるようになっているはずです。

2.子育てに慣れたと感じた時

子育てが開始した時は、子供にはミルクを飲ませたり、泣き止むまで抱っこしたり、子供の具合が悪くなった時は病院に連れていくなど、様々かつ慣れないことをこなさなければならず、気持ちに余裕が持てないかもしれません。

そのため毎日が忙しく息つく暇がありません。

しかし少し時間が経過し、自分の時間ができたり、家事と子育てを落ち着いた態度でこなしている自分に気づくはずです。

それは子育てに慣れ、日々の仕事をこなせている印であり、成長している証でもあります。

3.新米の母親を見たとき

保育園や病院、近所の公園に行った際、自分の子供より小さな子供を連れた新米の母親に会うことがあります。

新米の母親が泣いたり、言うことをきかずにわめいている子供をあやしている所を見て、「ああ、自分の子にもあんな時があったな」と懐かしく感じたりします。そして子育てを通じて自分が成長していると改めて感じることでしょう。

4.人に言われた時

親は毎日子育てに追われているため、自分の変化には気づきにくいです。

そのため自分の親や保育園の先生から「あなたは立派な母親になったね」と一言言われると自分が成長していると感じることが出来ます。

褒められることにより、日々の努力が報われたと感じ嬉しくなります。

人から言われる機会もあまりありません、よって日ごろから夫婦の間で「これが出来るようになった」と褒め合うようにすることで家庭が上手くいくのかもしれません。

5.アルバムを見返したとき

子供が生まれたら嬉しくてつい初めて歩いた記念日や、ご飯を自分で食べている時、眠っている時、七五三のお祝いをしたとき、など何かと写真を撮りがちになります。

今はスマホやパソコンなどにデータとして残せますが、ひと手間かけてプリントアウトしてアルバムを作成し、保存している方もいるでしょう。

アルバムに載った少し前の自分を見ると
「確かこの時は子供が幼児食をあまり食べなくて、毎日作るのが大変だったな」と自分を思い出し、それに比べ成長したと実感することが出来るでしょう。

子育てを通し、成長した4つのこと 精神的な部分編

1.他人の気持ちを考えられるようになった

子育ては子供と接するものです。

親子といえど他人の気持ちを分かるのは難しいです。よって常に相手の気持ちを考えて行動する必要があります。

具体的には子供が泣いている時には、空腹なのか、おむつを変えて欲しいのか、抱っこして欲しいのか、など様々な状況を考えます。

そして子供の元気がなさそうにしている時は具合が悪いのか、保育園で何かあったのかなど原因を考えます。

そうすることで自然と誰に対しても気持ちを察することができるようになります。

2.自分本位でなくなった

独身の時は自分中心の生活になりがちで、何事も自分のやりたいように出来ましたが、子育てが始まるとそうはいきません

具体的には遊園地に行った時は自分はお化け屋敷に行きたくなくても、子供が入れるようなお化け屋敷に一緒に行ったり、深夜に見たい番組があったとしても朝家族のために家事をするために早めに就寝したりと、家族を優先で動かないといけない場面が数多くあります。

振り返ることにより、独身の頃に比べ考え方が大きく変わったのではないのでしょうか。

3.自身もこうして親に育てられたと感謝が出来る

子育てをして感じることて多いのが「自分もこうして育てられたのだ」という気づきです。

自分が子供の頃は好き勝手やっていたので親の気持ちを考えませんでした。その陰で両親がこれだけの努力と頑張りがあったことに親になると気づくことが出来ます。

そのため子供を持ってから両親を大事にしたり、感謝の気持ちを伝えられるようになったという人が多いです。

4.忍耐力がついたこと

子供と常に関わることにより、我慢しなければならない場面が数多くあります。

具体的には、買い物がしたくても子供がぐずるため早めに帰らなければいけなかったり、ゆっくりと眠りたくても子供が泣いてしまい眠れなかったりします。

放っておくことも出来なくもないです。しかし親としてもそれをするのは難しいでしょう。

結果としては忍耐力がつき、自分の思い通りに進まなくても平気になる親が多いです。

まとめ

まとめ

1.成長を感じた5つのこと
2.子育てを通し、成長した4つのこと 精神的な部分編

についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

子供を育てること自体はとても大変ですが、親には立派な成長の機会をもたらしてくれます。親は子供を育てることによって大人になっていくのかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました