ブログや日常生活に役立つ情報をご紹介

株を買うコツまとめ(備忘録)

2016.08.01

地球儀

株価の指標の意味をまとめました。

四季報の重要な指標

PER(株価収益率)

1株当たりの利益に対し、株価が何倍で買われているかを示す指標。

⇒15倍が目安。低いほど株価は割安。

PBR

⇒1倍前後が目安。低いほど株価は割安。

ROE(株主資本利益率)

純資産に対する当期税引後利益の割合を表す指標。

⇒8%前後が目安。それくらいの数字なら会社は効率的な運営をしているということ。

自己資本比率

⇒一般的に40%以上なら倒産しにくい。

CF(キャッシュ・フロー)

健全な運営をしていれば一般的にはプラス。

  • 営業CF・・・営業による会社収入の損益
  • 投資CF・・・設備投資などの損益。設備投資をするとマイナスになる。
  • 財務CF・・・銀行当からお金を借りるとマイナスになる。逆に返済するとプラスになる。

営業CFから投資CFと財務CFを引いてプラスになるのが理想的。

EPS(1株利益)

1株に対して最終的な当期利益(当期純利益)がいくらあるかを示す指標。

⇒1株あたりの当期利益。ほかの会計期間と比較して企業の成長性と収益性を比較できる。

騰落レシオ

上昇した株の銘柄数÷下落した株の銘柄数

 

テンバガーの条件

  1. 4年で売上高2倍。
  2. 売上高営業利率10%以上
  3. オーナー企業
  4. 上場5年以内

 

株を買うコツ(中長期投資)

  • 優待目的の株は、権利確定日の1~2か月前になると買う人が多いので避けたほうが良い。
  • 安定的に配当を出しているかチェック。
  • 配当+優待利回りは3~5%が適正
  • 中間配当がある銘柄だと、株価が低迷していないという印になる。
  • 優待内容は、クオカードやギフト券の場合は廃止の可能性が高いので、会社の自社商品やサービスを狙ったほうがいい。

関連記事

プロフィール

夢は、成しとげる

氏名 : ヌコ&ララ
年齢:三十路