あと何年持つのやら

WordPressプラグインAdsense Manager~アドセンスを自由な位置に配置しよう~

アドセンスを記事中に挿入するとき便利なプラグインの紹介です。

QuickAdsenseの欠点

今までQuickAdsenseというプラグインを1年以上使用していました。

しかし、このプラグイン、欠点が2つあります。

 

記事中の任意の位置にアドセンスを貼れない。

「〇番目の段落の下」とか「記事の真ん中」とかに配置できるけれど、自分の好きな位置を狙って貼ることができません(任意の位置に貼れません)。

 

更新されていない。

このプラグイン、今でも使用中ですが、3年以上も更新されていません。なにか不具合が出てきたら困る・・・。

2016-07-05_123619

QuickAdsenseの代わりに、記事中にアドセンスのコードを直接挿入することも検討しました。

しかし、複雑なコードを入力していると、ブログがSEOに弱くなるというデメリットがあるというウワサが気になったので、直接挿入はあきらめました。汗

いろいろ調べているうちに、便利なプラグイン「AdSense Manager」を発見できましたよ!

 

AdSense Managerの設置方法

英語のプラグインですが、わかりやすく説明するので、ご安心を♪

管理画面にログインします。

プラグイン→新規追加をクリック。

2016-07-05_082535

 

画面右上の検索窓で「AdSense Manager」と入力して、「今すぐインストール」をクリック。

2016-07-05_082554

 

「プラグインを有効化」をクリック

2016-07-05_082609

 

貼りたいアドセンスのコードを空欄に貼り、「Import」をクリック。

2016-07-05_082941

 

どのアドセンスコードを選ぶか悩みどころですが、私はスマホでも表示される「300×250」のサイズのアドセンス広告がおススメです。

 

Display Option(表示設定)の「Use Default」(初期設定を使用する)となっているものを、すべて「Yes」にします。

2016-07-05_121052

下の図のように全て「Yes」に変更します。

2016-07-05_121143

 

画面上部で、アドセンスコードに名前を付けます。半角英数字で覚えやすいものにしましょう。

(例では ad1 としました)

2016-07-05_121310

以上の作業が終わったら、Save Changes(設定を保存)をクリック。

2016-07-05_121156

 

下のような画面が表示されます。

2016-07-05_121328

他にもアドセンスコードを登録したい場合は、Add New Ad(新しい広告を追加)をクリックし、同じ作業を繰り返します。

 

AdSense Managerの使い方

いたってシンプルです。

ブログの編集画面で、アドセンスを表示させたい位置で下のように入力します。

広告

かなり便利なプラグインですので、ぜひ使ってみてください!

関連記事

プロフィール

夢は、成しとげる

氏名 : ヌコ&ララ
年齢:三十路