落ちこぼれサラリーマンに役立つ情報をご紹介

プラグインMapPress Easy Google Mapsで地図を埋め込む方法

2016.08.21

プラグインMapPress Easy Google Mapsで地図を埋め込む方法をご紹介します。

グーグルマップで埋め込む方法と、Leafletで埋め込む方法をそれぞれ紹介しますね。

 

グーグルマップの地図埋め込む方法

記事を書いたら、編集画面の下にある「新規マップ」をクリック。

2016-08-19_184232

 

マップタイトルを入力。私の場合は記事で紹介する観光名所の名前を入力しています。(例では「照国神社」)

2016-08-19_184254

 

「POIを追加」という部分に場所の名前か住所を入力します。

2016-08-19_184310

 

正しい場所が地図上で表示されているか確認します。

2016-08-19_184325

 

左のリストにある「日本」という部分、または、地図上のマーカーをクリックします。すると、場所の情報を入力できます。

下は初期設定の画面です。これを編集します。

2016-08-19_184340

 

下のように入力してみました。

2016-08-19_184439

 

編集画面のマーカーをクリックすると、マーカーの表示アイコンを変更することができます。(Pro版のみ)

2016-08-19_184456

 

神社を紹介する記事なので、鳥居のアイコンにしてみました。

お気に入りのアイコンがない場合はFTPを利用して、任意のアイコンをアップロードできます。

入力が終わったら「保存」をクリック。

2016-08-19_184515

内容を確認したら、「保存」をクリック。

2016-08-19_184645

地図を挿入したい場所にカーソルを充て、「記事へ挿入」をクリックすると、ショートコードが表示されます。

これで完了です。

 

Leafletの地図を埋め込む方法

2018年7月から、グーグルマップが表示回数に応じて有償になってしまいました。

これに代わるものとして、無償のLeafletの地図を利用できるようになりました。

グーグルマップでは、「POIを追加」に地名や住所を入力すれば、すぐにマーカーを表示できたのですが、Leafletだと表示できない場合が多いです。

 

まず、グーグルマップで表示させたいマーカーの緯度と経度を求めます。

グーグルマップを開きます。表示させたい場所を検索し、マーカーを右クリック。「この場所について」をクリックします。

グーグルマップ

 

画面下部に緯度と経度が表示されるのでコピーします。

グーグルマップ

 

緯度経度を貼り付けて、エンターキーを押します。

leaflet

 

きちんとマーカーが表示されました♪

leaflet

関連記事

プロフィール

夢は、成しとげる

氏名 : ヌコ&ララ
年齢:三十路