日常生活に役立つ情報をご紹介

子ども寝かしつけ効果抜群!「おやすみロジャー」朗読でイチコロ☆

2019.02.14

眠るガチョウ

子どもがいつまでたっても寝ない・・・。

こんな悩みを抱えている若い夫婦の方は多いと思います。

そんな方におすすめしたいのが絵本「おやすみロジャー」の読み聞かせです。

 

内容

眠りたくてしょうがないウサギのロジャーが、誰でも今すぐ眠らせることができる魔術師に会いに行くというお話です。

 

Youtube動画・女性による朗読(水樹奈々さん)

ナレーターの水樹奈々さんによる朗読がYoutubeで公開されています。(試聴)

 

Youtube動画・朗読(全文)

全文を朗読している動画を見つけましたので、興味のある方はご覧ください。

普通に朗読すると30分かかるので、のどが少し乾くのが難点です。

 

効果は絶大!

私たちの子ども(2歳)は、夜11時まで寝ないことが多くて困っていました。

同じ悩みを持っていた親戚が、この本を読み聞かせて子どもを寝かしつけていたというエピソードを聞いて、私たちはワラにもすがる思いで、この本を図書館から借りてきました。

すると不思議!

朗読を始めてから10~15分ほどで子どもが眠りについてしまったのです!

 

最初は一時的なものだろうと思っていましたが、

その後も朗読するたびに、子どもがスッと眠ってくれたので、ぜひ他のご夫婦にもおススメしたいです!

 

対象年齢は何歳から?

2歳の娘には強烈な効果がありました。

一般的な口コミでは小学校低学年まで効果があるようです。

8か月の息子にも朗読してみましたが、そもそも言葉をほとんど理解していないからか、あまり効果はありませんでした。

 

朗読は女性よりも男性が効果的!

妻が朗読するよりも、夫の私が朗読したほうが、子どもが早く寝ました!

男性の低い声のほうが、子どもの催眠効果を誘発しやすいようです。

なるべくゆっくり包んであげるような声で読んであげるのがコツだと思います。

 

ぶっちゃけ感想

我が家では「おやすみロジャー」の効果は絶大です。

子どもに小さなブランケットをかけて、大人の膝の上に子どもを寝かせて朗読するとさらに効果的です。

実際の成績ですが、10回読んであげると、そのうち9回は、本を読み終わる前に、子どもが眠ってしまいました。

恐るべし、「おやすみロジャー」の生み出す睡魔!!!

 

もろ刃の刃「大人もやばい」

「おやすみロジャー」の朗読は子どもの寝かしつけに効果的ですが、朗読している大人自身もかなり強烈な睡魔に襲われます。

子どもが睡魔に負けるのが早いか、大人が睡魔に負けるのが早いか、競争しているような気持ちになります。

 

楽しようと録音したら失敗

ある日、朗読するのが面倒くさくなって、朗読を録音しました。

最初から最後まで普通のスピードで読むと、30分くらいかかりました。

しかし、そんな努力もむなしく、録音した朗読を聞かせても、子どもはあまり寝ませんでした。

やはり、生の声で直接朗読して読み聞かせるほうが効果的です。

 

欠点

私たちは2~3歳の娘に読み聞かせをしているのですが・・・。

絵本の内容が文字ばかりで、圧倒的に挿絵が少ないです。

挿絵が少ないため、幼い子どもはつまらないようです。

親が朗読している最中でも、どんどん次のページを勝手にめくろうとします(笑)。

まあ、寝てくれるので別に良いのですが。

 

CDブック

親が直接朗読してあげるのが一番効果的ですが、ネットではCDブックも発売されています。

どうしても読むのが面倒くさいなら、CDも良いかもですね。

関連記事

プロフィール

夢は、成しとげる

氏名 : ヌコ&ララ
年齢:三十路