日常生活に役立つ情報をご紹介

個人名義の自家用車を法人(合同会社)名義に変更する方法

2021.05.16

砂漠

私が車の名義の移転登録をしたときの流れを簡単にまとめました。

この記事では個人(夫)名義の自動車を妻の法人名義に移転しました。

なお、車のナンバーの変更はしていません(別途費用が必要なため)。

これから同じ名義変更をしようとしている方のご参考になれば幸いです。

※人によって必要書類の内容が違いますので、申請にあたっては管轄の運輸局にお問い合わせください。

 

①インターネットで必要書類をダウンロードして記入

このサイトからダウンロード。
(URL:https://www.mlit.go.jp/jidosha/kensatoroku/toroku/trk04.htm
・申請書(OCR シート第1号様式)
マークの部分はえんぴつ。下の住所・氏名はボールペンで記入。
・譲渡証明書
このサイトからダウンロード
(URL:https://annai-center.com/documents/jotosyomei.php
旧所有者(夫)の実印を捺印
新所有者(法人)の実印を捺印。
・委任状
このサイトからダウンロード。
https://annai-center.com/documents/ininjo.php
今回は旧所有者(夫)が運輸局で申請するので、
新所有者(法人)が旧所有者(夫)に委任する内容で作成。

 

②市町村役場(またはコンビニ)で以下の書類を入手

・旧所有者(夫)印鑑証明書(300円。発行後3ヶ月以内のもの)

 

③法務局で以下の書類を入手

・法人の印鑑証明書(300円。発行後3ヶ月以内のもの)
・法人の登記簿謄本(600円。発行後3ヶ月以内のもの)
後述しますが法人の登記簿謄本は不要かもしれません。
お手数ですが管轄の運輸局にお問い合わせください。(;´・ω・)

 

④自動車検査証の確認

自動車検査証の提出も必要です。
車検の有効期間内でないと不可なので注意しましょう。

⑤事前確認

移転登録に車庫証明書が必要か運輸局に電話で問い合わせ。
法人の印鑑証明書の住所と自動車検査証の使用者住所が
同一であれば車庫証明書は不要と言われました。
警察署で車庫証明を申請する手間が省けてよかったです。

また、自動車保険の保険会社(チューリッヒ)に連絡したところ
実質的な使用者が変化ないので手続不要で、
電話連絡のみで可能と言われました。
後で知ったのですが、一般的には法人名義にすると
保険料が値上がりするようです。

 

⑥運輸局に行く。

以下の書類を持参しました。
・申請書(OCRシート様式)
・譲渡証明書
・委任状
・自動車検査証
・旧所有者(夫)の印鑑証明書
・新所有者(法人)の印鑑証明書
・新所有者(法人)の登記簿謄本(不要かもしれません)

 

⑦運輸局に着いたら手数料納付書をもらい、記入。

運輸局に着いたら記入机で手数料納付書をもらって記入
用紙の下の以下の欄を記入。
・自動車登録番号または車体番号
・所有者または使用者の氏名又は名称
・申請人又は申請代理人(出頭者)の氏名

記入が終わったら窓口で受付番号の札をとり、
書類一式をクリップに留めて提出すると、
受付さんが書類一覧をチェックしてくれます。
法人登記簿謄本は書類から外され返却されたので、必要なかったのかもしれません。

 

⑧印紙を購入

書類一式を受け取り、印紙購入窓口(同じ建物)に移動。
窓口で手数料分(500円)を購入
印紙を手数料納付書の所定の位置に貼り付ける。

 

⑨自動車取得税の手続き

自動車取得税納入窓口に移動。
記入机で記入例と車検証を参照しながら自動車取得税申告用紙に記入。
譲渡金額欄は空欄のまま提出したが何も言われなかったです。

 

⑩新しい車検証を受領。

名義変更窓口に帰る。
書類一式を窓口に提出する。
5分ぐらいしたら名前を呼ばれ、
法人名義になった自動車検査証をもらいました。

かかった費用は1,700円。
運輸局での所要時間は約40分でした。

ご参考になれば幸いです☺️

関連記事

プロフィール

夢は、成しとげる


氏名 : ヌコ&ロロ