日常生活に役立つ情報をご紹介

相乗り対策!amazonでは商標登録は必須か?

2020.07.22

山と泉

amazonで最近厳しくなってきた「商標」についての対策をご紹介します。

 

原則は商標登録が必要

現在、amazonでは新規出品がかなり厳しくなってきています。

新規出品する際に、「ブランド名」「メーカー名」は必須入力項目です。

少し前まではこちらは自由に入力できました。

現在は、原則商標登録したものだけ入力できるようになっています。

 

商標登録していなくても大丈夫

しかし、がっかりする必要はありません。

特例的な措置として、要件を満たす写真を提出すれば商標未登録のブランド名でも許可してもらえます。

撮影用に1個、ブランドマークのタグやパッケージを作成して撮影して提出します。

タグには以下のようなで大丈夫だと思います。

こちらは家庭用プリンターでも印刷できます。

また、マークのデザインでは、このようなサイトが適しているでしょう。

 

商標登録に必要な期間とコスト

商標登録をとるには通常半年かかります。

有料オプション:約3ヶ月、約10万円

通常:約半年・約7万円

自分で取得:約1年・約5万円

このように最低3か月はかかるので、amazonは軽減措置を用意したのでしょうね。

 

商標登録は出品した商品の数だけ必要なのか?

.基本的には全ての商品について商標登録を1件だけ取得しておけば大丈夫です。

商品の点数は関係ありません。

 

amazonの今後の姿勢

現在、amazonは悪質な中国セラーを排除しようとしていると考えられます。

日本人セラーでもあり、粗悪品や違法商品は扱いませんが、中国人セラーでは無在庫販売や対応の悪い中国セラー、レビュー操作などを行っている人がたくさんいます。

厳しい規制をして振り分けを強化しているだけなので、正々堂々と必要書類を提出し誠実な対応をしていけば大丈夫です。

将来末永く物販に取り組んでいくのであれば、商標登録しておけば相乗りを抑止できるので、安心して取り組めます。

一次的なお小遣いが欲しいだけなら、特例的措置もあるので、商標登録は必要ないでしょう。

物販に本格的に取り組む覚悟があるのか、今はamazonに試されている時期といっても良いでしょう。

覚悟がある場合、商標登録には時間がかかるので、早めに検討したほうがよさそうです。

関連記事

プロフィール

夢は、成しとげる


氏名 : ヌコ&ロロ