役立つ情報を発信

これって…陣痛なの?!((((;゚Д゚)))))))

2017.04.16

張ったらヤーよ!(OvO)

Sponsored Link

お腹の張り

妊娠中期後半から、

産婦人科やマタニティーブックで

〝お腹が張りやすくなります。お腹がはったら、休めのサイン!無理せず休みましょう〟

と言われますよね。

 

私の場合、初めての〝張り〟は妊娠6ヶ月のとき。

子宮がキューッとなって、
「おぉ!これが張りか!(・・;)

けっこう長くキューッとなるもんなんだ汗

ヌコララはびっくりしたんじゃないかしら?」

と初めての感覚に、変に感動と不安を抱いたものです。

 

それからというもの

身体が胎動に慣れっこになるように

忙しい日々の中で、

なんだかほぼ毎日のように

度々張りを感じるようになり、

 

お腹の張りにも慣れっこに…

 

(慣れるまで張ってもいけないのだけれど、

張ってくる時期だし、休んで張らなくなるから、

まッ・こーゆーもんかぁ(・・)と思ってた)

 

お腹の貼る原因

お腹が張る原因はいっぱい!

 

お腹の張りって、

子宮が収縮して起こるのは、

妊婦さんなら皆さん知ってますよね!

 

(=゚ω゚)よく言われる原因は、

 

同じ姿勢を長時間続けたり、

締め付けの強い衣類での下腹部圧迫、
疲れがたまっている、

身体が冷えている、
母体が脱水状態、

お小水を我慢していたり、
母体が便秘であったり、
性感帯に刺激が加わったり、

特に妊娠後期には、

ベビーちゃんが大きくなって

ベビーちゃんの重みでお腹の血管を圧迫して酸素を上手く胎内へ回せなくなり、張りが出たり(まぁ大変!)、

胎動の強さも増して、

胎動の反動でも張ったり、、、

 

など様々な原因で、

ママの敏感な子宮ちゃんは

危険警報といわんばかりに、

ギューっと収縮します。

 

 

いつ産婦人科に連絡すりゃいいの?!

〜寒い雪の日の葛藤(-.-;)〜

 

一応、曲がりなりにも、

銀行員みたいな制服に身を包み、

目を輝かせて(?)母性看護学を学んだ経験のある私ですが、

 

お腹の張りの原因や対処法なんて、

座学でも実習でも教えてはもらいませんでした汗(^_^;)

だから、

〝お腹が張る〟という現象は、

妊娠経験のある元妊婦さん(うらら母・ナオミーヌや、元職場の同僚)から教えてもらったのですが、

これまた、

十人十色!

〝お腹が張る〟感覚の説明をしてもらっても、

〝張りの程度の緊急具合〟というものに、

あんまりピンと来ませんでした。

 

そんなこんなで迎えた

今年(2016年)の1月末。

 

珍しく鹿児島にもたくさんの雪が積もり、

交通機関が止まり、お店も開かず、

車のチェーンなんぞ持たない鹿児島市民の車が

あらゆるところでスリップ事故をおこし、

SNSにはたくさんの雪だるま作品の写真が並び、

全国的にニュースになった寒い寒い日。

1457926177054

 

そう、あの日はうらら妊娠30週0日(妊娠8ヶ月半ば)

 

「寒いのはやぁねぇ(ーー;)

やたら張るけど、ヌコララは大丈夫かしら?(・・;)

ま、横になっているとすぐ張りも消えるし、

ポコポコとお腹を蹴ってるから大丈夫だとは思うけど〜……

家事すると、ギューっと張るのは

私が家事したくないからかしら〜?

それか、寒いから…?

年末年始の疲れがとれていないから?

 

さすがに何度もあると、

ヌコララは苦しんでるんじゃないかしら…?汗

 

Σ(゚д゚lll)っていうか!

この一瞬の判断が

ヌコララの命に関わるんじゃないのか?!」

と張りの頻回な出現に、

さすがにビビリ始めたので、

 

青春の母性看護学の教科書を引っ張り出して

よぉく読んだのですが、、、

お腹が張る生理的現象の解説なんて載ってないし、

授業のメモすらない!( ̄д ̄;)

 

プレママの心の支えである

ネットのマタニティーサイトや、

マタニティーブック、マタニティー雑誌を読むと、

〝張りが1時間に何度も来る、

ずーっと張っている、

痛みや出血を伴う張りである場合は、

自己判断せず病院へ連絡して診察を受けましょう〟

と書いてあるけど、

 

書いてあることに、

全部が全部当てはまらないし、

 

検診のたびに

「お腹が時々張ります(°_°)」と

正直に、

細かくお腹が張る状況の説明をして、

その度に

助産師さん「張り易い時期ではありますから、無理はせず、疲れる前に休んでください。

痛みがあるとか、出血やお水が流れる感じが出たら、すぐ連絡してください。」

と言われ、

子宮収縮抑制剤のウテメリン(頓用で内服)を

ドクターから処方されていたので、

 

(。-_-。)薬は飲んだ。

休んではいるけど、張る!

でも1分くらいで収まる!

んで30分あいたり

15分あいたり

またすぐに張ったり、、

間隔がバラバラだし…

陣痛ではないよね?

でも、起き上がって、ソッコー張る!

それは寒いからか⁈急に動くから?

これは〝頻回〟というものなのか??‼︎

うーん(ーー;)…

病院に連絡して、

「だからーぁ、張り易い時期なんですから、休んでおかなきゃダメですよ?こんな寒い日は、身体を冷やさないようにしなきゃ。」

(※実際にお世話になっている病院の助産師さん看護師さんは、こんなことは言うわけもなく、

細かく説明をしてくださる笑顔が素敵な優しい方々ばかりです!

⬆これは、あくまでもうららのイメージです)

と言われて、こんな寒い中の病院への往復もダルい!

どーしたらいいんだーぁぁぁ!

…とにかくリラックスして、

寝よう。。。(e_e)

(うらら心の叫び!)

 

という感じで、

産婦人科へ電話するタイミングが

わからず、

半日以上、自分の身体を神経質に観察しては、

原因を考え、

お布団に包まり、

うーん(ーー;)…おや?治ったか?…

うーん(ーー;)…うーん(ーー;)

心の叫びを繰り返す始末…。

 

不安の芽は早目に摘むべし!

結局、ほんの少しの解剖学的・医学的な知識と

やたら観察することが好きな性格が仇となり、

考えすぎて全身が疲れた

(それでまたお腹の張りも強くなった)ので、

素直に病院へ連絡して、

寒空の下、

ママサポートタクシーを使い、

受診することにしたのです。

あそこまで疲れすぎるくらいなら、

早目に一度病院へ連絡しておくべきだった…。

 

お腹の張りで、

少しでも『病院へ連絡したほうがいいかしら?』と思っている、プレママさん。

 

迷わず病院へ電話をしてください!

 

トホホホホ…(ーー;)イテテテ泣

 

 後編へ続く。

 

あ、ちなみに、

ママサポートタクシーの運転手さんが、

私のあまりの顔色の悪さに

「陣痛や破水の時の対処法も勉強してますから、

安心してください!」と言われて

精神的&肉体的疲労困憊の私の気分を

甲斐甲斐しくほぐしてくださいました泣

 

会話の内容は、ほとんど頭には入りませんでしたが…

(最近の鹿児島の観光客の傾向…的な話だったかな?)

心配してくれる人がいるって

ありがたいものです。

ママサポートタクシーは

産婦人科と提携しているので、

検診の時に相談してみると、紹介してくれますよ!

親切&丁寧&いざという時に便利なので、

妊婦の皆さんにも登録をお勧めします(;_;)

 

 

ママサポートタクシー(第一交通タクシー)

http://www.daiichi-koutsu.co.jp/taxi/mamasapo/

※鹿児島市はこちらの会社しかサポートタクシーはしていないらしい。もっと広く周知されますように…(´-`)

関連記事

プロフィール

夢は、成しとげる

氏名 : ヌコミチ
年齢:三十路
職業:落ちこぼれサラリーマン
趣味:ユーチューブとブログの研究!

ご感想、ご質問・ご相談はこちらから、お気軽に!
↓↓↓
メールフォームはこちら☆

スポンサーリンク