役立つ情報を発信しています。

エンドカードを作成しよう!(動画作成編)

 

動画の再生数アップのために!

ユーチューブに動画を投稿したけれど、なかなか再生数が伸びない・・・。

そんなお悩みをお抱えの、そこのあなた!

エンドカードを導入してみませんか?

(こういう言い方だと商材の販売みたいですが、大丈夫、何も売りません)

 

 

人気の高いユーチューバーなどの動画を見ていると、

動画の最後にチャンネル登録やソーシャルメディアへの登録を促す広告が流れます。

著名人たちのエンドカード

 

 

チャンネル登録数が増えれば、動画を投稿するたびに登録者に通知されるので、

自然と再生数が伸びていきます。

また、ソーシャルメディアでシェアされることによって動画が拡散されるので、再生数はさらに増えます。

自分のチャンネルのイメージにぴったり合ったエンドカードを作成しましょう!

 

 

エンドカードの作成

まずエンドカードとなる画像を準備しましょう!

画像の作成方法はこちらから

 

ムービーメーカーの準備

動画編集ではムービーメーカーを使用します。

ムービーメーカーは無料で使用できます。

ダウンロードはこちらから

 

ムービーメーカーでエンドカードをつけよう!

まずデスクトップ上に、エンドカードをつけたい動画と、エンドカードの2つを用意します。

その状態でムービーメーカーを開きましょう

先に動画を図の位置にドラッグ&ドロップします。

2015-03-20_232821

 

 

次に、作成したエンドカード画像をドラッグ&ドロップします。

2015-03-20_232835

このまま動画を作成しても良いのですが、

動画が突然エンドカードに変わると視聴者さんがビックリしてしまいます。^^;

試しに以下の動画をごらんください。

(何も効果をいれていないエンドカード)

そこで、フェードインの効果を入れます。

イメージとしては、動画が淡く消えてから、徐々にエンドカードが現れる感じです。

これなら、視聴者さんもビックリしませんね♪

 

 

エンドカード画像を取り込んだ「アニメーション」のフェードインを選択します。

2015-03-20_232913フェードイン意外にも、いろんな効果がありますので、

自分の好みに合ったものを使いましょう!

出来上がったら、再生ボタンを押して確認します。

2015-03-20_233020

動画にちゃんと画像が組み込まれていることを確認したら、動画を保存します。

「ホーム」の「ムービーの保存」をクリックしましょう。

2015-03-20_233037

 

 

次回はいよいよユーチューブに動画をアップします。

 

関連記事

プロフィール

夢は、成しとげる

氏名 : ヌコミチ
年齢:三十路
職業:落ちこぼれサラリーマン
趣味:ユーチューブとブログの研究!

プロフィールの詳細はこちら☆

ご感想、ご質問・ご相談はこちらから、お気軽に!
↓↓↓
メールフォームはこちら☆

ツイッター